行列のできるパンケーキ

メイン画像

朝食にピッタリ

パンケーキと聞くとフルーツやクリームがたっぷり乗っている、シロップをかけた甘い味付けが合う印象があるのではないでしょうか。
たしかに、パンケーキそのものはシンプルな味なので、シロップやクリームととても相性が良い食べ物です。

甘い食べ物となるとデザートかおやつに最適なメニューと思われがちですが、実はパンケーキは食事としても最適です。
軽い食感で、しかも腹持ちのよいパンケーキは朝食のメニューにピッタリと言えるでしょう。
そもそも海外ではパンケーキは朝食の定番メニューなのです。
最近では、モーニングのメニューにもパンケーキを提供するお店が増えてきています。
専門店だけではなく、ホテルの朝食メニュー、ファミリーレストランやファーストフードのお店などでもモーニングメニューの1つとして登場するほど日本でも注目されるようになりました。

しかし、食事の時に甘いものは食べないという人も多いかもしれません。
ホイップクリームやアイスクリームと合わせると、食事ではなくやはりおやつになってしまうと思うのも無理はないでしょう。
そのような人には甘いトッピングではなく、ベーコンやサラダとパンケーキの組み合わせがお勧めです。
モーニングはトーストだというイメージが強いかもしれませんが、一度フワフワの焼きたてパンケーキでモーニングを頂いてみてはいかがでしょうか。

トーストとコーヒーだけのシンプルな朝ごはんが好みという人の場合は、トーストをパンケーキに変えると、材料に使われている卵や牛乳でたんぱく質やカルシウムが加わり、栄養バランスも良くなります。
コーヒーとは別に、フルーツヨーグルトや野菜ジュースを加えると、ビタミンや食物繊維もとれて更に良いでしょう。

朝食で炭水化物をしっかりとることで、一日のパワーの源になります。
気持ち良い目覚めのためにも、朝の食事は大切です。
いつも朝食はトーストだけという人も、朝10分早く起きて、専門店でのパンケーキモーニングを食べてみませんか。

Menu

Other