行列のできるパンケーキ

メイン画像

意外にディナーでも

パンケーキと言えば、どちらかというとデザートやおやつというイメージを持つ人が多いでしょう。
あえて食事として食べるのであれば、モーニングかランチで軽く済ませる場合が適していると思われるかもしれません。

海外でパンケーキは朝食の定番メニューとして登場する機会が多いので、モーニングに向いていることは確かです。
空気を含んだ軽い食感と、焼きたてのパンケーキは体を温めるので、一日の始まりの朝食に最適です。
専門店だけではなく、ファミリーレストランやカフェのモーニングメニューにもパンケーキは定番になってきています。

しかし、実はパンケーキはモーニングやブランチの食事に向いているだけではなく、ディナーにもお勧めのメニューなのです。
とはいえ、夜の食事はもっとボリュームがあるものが良いとか、お酒に合うものが良いとか、色々こだわりがある人も多いのではないでしょうか。
そんな人が毎日食べるディナーではなく、ちょっと軽く済ませたい時とか、疲れて帰ったらすぐに寝たいという人にお勧めなのです。

パンケーキの軽い食感は、食欲がない時でも食べやすいものです。
クリームなどをたっぷり付けたものではなく、シンプルなパンケーキであれば消化も良く、食べ終えてすぐに寝ても翌朝胃がもたれるようなことはないでしょう。
たとえ食欲があったとしても、ボリュームがあって腹持ちが良いからとトンカツを食べてすぐ寝てしまうと翌朝の目覚めが悪くなってしまう人は少なくないでしょう。

パンケーキをディナーにするという人はさほどいないでしょうから、行列が出来る人気店でも夜の時間であればすぐに入店できるという利点があります。
帰ってからすぐに寝る場合は一緒に飲むのはコーヒーではなく、ココアやホットミルクにしても良いでしょう。
溜め込んだ疲れをフワフワのパンケーキと温かい飲み物が癒してくれます。

夜は炭水化物を食べないという人でも、軽い食感のパンケーキはお勧めです。
脂っこいおかずだけを食べるよりも、カロリーは少なく、たんぱく質やカルシウムが摂取できるので、体をいたわる滋養になるでしょう。
一日の疲れをリセットして、気持ちの良い朝を迎える為にも、お勧めのメニューなのです。

Menu